ベビーシッターになる方法

ベビーシッターになる方法として、まず何故なりたいのかを明確にすることが大切です。ベビーシッターには絶対に必要だという資格はなく、特定の専門学校や大学などを卒業していなくても、仕事をすることは可能です。ただし、保育士の資格などを取得していたり、民間資格である認定ベビーシッター資格を取得しているほうが、就職の際に有利になると言われています。また、認定資格を持っているほうが、依頼者からの信頼を集めやすいということもありますし、看護師の国家資格を持つ人が優遇される場合もあります。

ベビーシッターの就職先としては、正社員の募集はあまり多くなく、パートやアルバイト、契約社員として働く人が多いです。サービスを派遣する会社に応募する場合が多く、希望の勤務条件を伝えて、まずはスタッフ登録を行います。そして、条件に見合う仕事が入れば紹介を受け、依頼者の家庭へ向かって仕事をするという流れになります。あまり多くはないですが、中には正社員や契約社員として、民間の保育所などに就職して働く人もいます。

それから、ベビーシッターは子供が好きであるということが大事で、大切な子供を守るという、強い責任感がある人が求められる傾向があります。さらに、様々な個性がある子供のお世話をするため、明るくて親しみやすいタイプの人が望ましいとされています。スタッフ登録時の面接や会社での就職試験では、保育士や幼稚園経論の資格の有無や、子育て経験などの点について確認される場合があります。また、タバコを吸わないほうが望ましいと言われています。

Filed under: シッター, 平塚, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website