病後にベビーシッターを利用する

子供がインフルエンザになってしまえば、保育園に通わせることはできなくなります。熱が早くに下がったとしても、最低でも一週間程度は休ませなくてはならないでしょう。専業主婦なのであれば、そのくらいの期間がかかっても子供のそばにいてあげることはできますが、働いているとなるとそうはいかないでしょう。一週間も休むとなると、会社や同僚に負担をかけてしまうことになりますので、早く出勤しなくてはなりません。

だからといって、いくら子供が元気になっているとはいっても、治癒証明をもらえるまでは保育園に通わせることはできないのです。そこで活躍するのが、ベビーシッターです。ベビーシッターは、病児保育をしてくれたり病後児保育をしてくれる人もいますので、依頼をすれば来てもらえます。一週間の間ずっとお願いをするとお金がかかりますので、熱が下がった後から数日間だけお願いするようにしてもいいでしょう。

高熱が続いているときにベビーシッターにお願いするのは不安ですし、子供としても高熱でつらい時に母親がそばにいてくれないのは大きな不安要素になってしまいます。苦しんでいる子供を安心させるためにも、熱が下がり様子が落ち着いたころからベビーシッターをお願いすることです。いくら熱が下がったとはいっても、無理をすればまた熱が出ることもあります。そのため、預ける前にはこの数日間の様子を伝えておくようにし、無理をさせないように伝えておくようにしましょう。

Filed under: 家政婦, 平塚, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website