ベビーシッターに昼食をお願いする

専業主婦だとしても、毎日必ず子供のそばにいられるとは限りません。どうしても子供を連れていくことが出来ないような用事がある場合には、子供を誰かに預かってもらうしかないからです。祖父母が遠方に住んでいるとなると頼れるのは誰になるでしょうか。同じ子育て中の子供がいるママ友が預かってくれると言えば預かってもらってもいいものでしょうか。

ママ友に子供を預かってもらうとなると、お礼の問題があったり、関係性が崩れてしまうようなことがあってもいけませんので、出来るだけ避けるようにしたほうがいいでしょう。遠慮なくお願いするためには、お金を支払ってベビーシッターを雇うようにしたほうが確実です。お金を支払っているのですから仕事としてきちんと子供の面倒を見てくれますのでベビーシッターを雇う方が気が楽なはずです。ベビーシッターを雇うのであれば、ご飯はどうすればいいのでしょうか。

お昼ご飯の時間を挟むのであれば、食事の準備をどうするかを確認しておくといいでしょう。アレルギーがある子供の場合には、自分が用意するようにしてそのほかのものを与えないようにしてもらわなくてはなりません。アレルギーがない場合で、何でも食べる子供なのであれば、ベビーシッターに買ってきてもらえるか依頼をしてみるのもいいでしょう。買ってきてもらえるのであれば、昼食代以外にも手間賃が必要かも確認をしておくことです。

どこまでを支払えばいいのかをはっきりさせておくことがトラブル防止につながります。

Filed under: 家事代行, 平塚, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website