ベビーシッターにカギを渡す方法

ベビーシッターを利用する場合には、その日の流れをしっかりと把握しておくようにしなくてはなりません。やり取りが不十分であれば、当日トラブルが発生してしまいます。まずどのようにして自宅のカギを渡すようにすればいいのでしょうか。保育園などに子供を迎えに行ってもらって自宅でお世話をしてもらう場合には、カギがなければ自宅に入ってもらうことが出来ませんので、必ずカギの受け渡し方法を決めておかなくてはなりません。

ベビーシッターにカギを渡す方法はいくつかありますが、確実に渡せる方法にしておきましょう。例えば、子供が持っている鞄に入れておくようにするのであれば、鞄の中から落下しないようにしておかなくてはなりません。ポケットにそのまま入れておくことによって、何かの拍子に落ちてしまってもいけませんので、ひもなどを利用して鞄にくくり付けるようにしておきましょう。子供の鞄に入れておくのが不安なのであれば、職場まで取りに来てもらう方法もあります。

保育園や自宅から近ければ交渉次第によってはベビーシッターに取りに来てもらうこともできるでしょう。しかし職場まで取りに来てもらう場合に交通費がかかるのであれば、その分は利用者が負担するようになることが多いはずです。カギの受け渡し方法は確実な方法で行わなくてはなりませんので、事前にベビーシッターとしっかりと打ち合わせをしておくようにし、渡せなかったということがないようにしなくてはなりません。

Filed under: 一時保育, 生活/暮らし, 茅ヶ崎Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website