ベビーシッターのやりがい

近年多くの需要があるのがベビーシッターです。女性の社会進出や核家族化に伴い、子どものお世話を一時的に受ける仕事です。ベビーシッターの特徴は、独自の育児法ではなく、その家庭の教育方針にそった保育をするプロであるということにあります。依頼主の家はもちろん、企業の保育施設やイベントの保育スペースなど多くの活躍の場があります。

子ども安全を第一に、子どもが精神的にリラックスして保護者と離れている時間を過ごせるように様々な工夫をしながらの保育が必要とされます。また、ベビーシッターの仕事はその子の人格形成に影響を与える機会もあり、社会的役割も重要なものと言えます。そして、子どもの保育のみならず、家事を行ったりもするので、その家庭にとってとても大切な存在になることが多いです。子どもが安全にのびのびと過ごせる時間や空間作りなど、気を張る大変な仕事ではありますが、子どもがなついてくれた時のうれしさや、保護者の方の心からの感謝などは何物にも代えられない喜びがあります。

その子どもの安全面、生活行動の指導や付き添い、情緒の発達を促す工夫などを保護者との意思疎通をしながら、サポートしてくとてもやりがいのある仕事です。女性が働くことが当たり前になっている現代では、こうしたベビーシッターの需要は今後益々伸びていくことが予想されています。そして、純粋な子どもとの関りで自分自身も更なる成長をすることが出来る仕事であることから、こうした仕事に興味を持つ方も増えてくるはずです。

Filed under: シッター, 大磯, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website