ベビーシッターの仕事内容と心得

ベビーシッターは、親が不在の時に、代わりに子供の面倒を見るという仕事です。欧米では、高校生のアルバイトとして一般的ですが、日本ではまだそれほど馴染みがありません。しかし、働く女性が増加する中で、ベビーシッターの需要は増え続けています。では、ベビーシッターの仕事内容とは、具体的にどのようなものなのでしょう。

まず、子供の世話をするのが基本となりますが、世話の仕方にもいろいろあります。ただ一緒に遊んであげるだけで良かったり、トイレや食事、お風呂の世話をしてあげたり、宿題を見てあげたり、寝る前に読み聞かせをしてあげるなど、依頼主によって内容が変わってきます。また、子供の世話をするだけでなく、掃除や洗濯、買い物などを任される場合もあります。病気の子供の世話をしたり、障害を持った子供の面倒を見ることもありますが、この場合は、保育士の資格や看護師の資格が求められることもあります。

ベビーシッターの職に就きたい場合は、在宅保育のサービスを行う会社に登録するほか、個人で開業することも可能です。しかし、仕事中に子供を怪我させてしまったり、家のものを壊してしまうなど、思わぬハプニングが起こることも想定されます。責任の重い仕事なので、損害賠償保険に加入している会社で働くほうが、依頼者にとってもシッターにとっても安心です。人の命を預かる仕事であるからこそ、責任感を持って、パーフェクトな環境で働くのがベストです。

Filed under: 大磯, 掃除, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website