ベビーシッターを利用する際に知っておきたいこと

急な用事で子供の世話ができなくなったり、仕事でどうしても家に居られない事があると思います。大きな子供ならば子供だけでも留守番を任せる事ができますが、小さい子供はそうもいきません。こういった場合に利用するのが、「ベビーシッター」です。最近では共働きの家庭も多く、ベビーシッターのサービスも増えている傾向です。

ベビーシッターができる事は、第一に子供の世話です。生後12カ月に満たない赤ちゃんから、5歳ぐらいの子供まで見てもらう事が可能です。また、自宅での保育だけでなく、保育園への送迎、食事のサポート、習い事などの知識のサポートなど幅広いサービス内容が特徴です。中には、初めて子供を育てる人のための、「育児相談」を受けているところもあり、育児への不安をサポートしながら利用する事ができます。

基本的な料金は、依頼する子供の年齢や、シッターの経歴によって変動します。相場としては、乳幼児以外の場合は2000~2500円、乳幼児は2000~4000円ぐらいの所が多い傾向です。乳幼児はシッターの専門知識が必要なので、若干金額が高くなります。また、朝早かったり夜の21時過ぎての利用は、基本料金に上乗せされる事が多いため、事前に確認しておきましょう。

ベビーシッターを定期的に利用する場合、会員になっておくと効率的に依頼できます。子供との相性や金銭面を考慮し、適したベビーシッターを見つける事が大切です。また、シッターの経歴についても調べておくと、安心して子供を任せる事ができます。

Filed under: 一時保育, 大磯, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website