ベビーシッターは達成感を味わえる仕事です

保護者にかわって、幼い子供を預かる仕事がベビーシッターです。仕事をしている保護者であれば、保育園への送迎や急な病気や怪我のときの病児保育、そして、専業主婦であれば、冠婚葬祭のときや出産などに、役に立っています。何よりも、子供を安全に守っていくということが最重要の任務です。単に子供に危険が及ばないようにするだけでなく、安心させて楽しませることも、本来やるべき大事な仕事なのです。

ときには、依頼者の家庭に入って、子供のために食事を作ったり、お風呂に入れたり、あるいは、寝かしつけることもあります。自然と、ベビーシッターと子供の関わりが深まっていくものです。ベビーシッターが面倒を見ている相手は、まだ幼い子供です。子供が成長していく場面を見ると、非常に大きな達成感を覚えるものです。

子供に絵本を読んでいて、それを子供が大変に楽しみにしているという事例もあります。また、中には、社会的に活躍している著名な人の子供を預かるというケースもあります。もちろん、名前を出すことは許されていません。そんな大切な子供を預かるところに、大変に大きな責任感を覚えるベビーシッターもいるのです。

ベビーシッターという仕事のやりがいは、その人それぞれで異なっています。しかし、女性が社会進出をしていく時代にあって、子供の成長の上で大きな影響を与えられる仕事ですので、安全に子供守ることができるだけでも、大きな達成感を覚えるのは当然のことでしょう。

Filed under: シッター, 大磯, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website