女性の社会進出とベビーシッター

女性が社会進出することは非常に好ましいことでもあります。今後労働力不足が深刻化していく中で、女性の力を活用するという事は必要になってくるためです。しかし、そのために問題も生じてきます。これまで自宅で子どもの保育ができていたのが、外に働きに行くことになると預け先を確保しなければならないという問題です。

保育園などの預け先が見つかればよいですが、人口が多い場所などは特に保育園が不足しがちで、待機児童の問題などが生じています。その中で確実に預けることができるかということになると不安が残る場合も多いでしょう。また、保育園は預ける時間が決まっていますから、夜間に渡って仕事をする必要がある方などにとっては使いにくいという事もあります。そこで、ベビーシッターが必要とされてきています。

費用は保育園などと比べて高くなりがちですが、自由に契約ができることで、自分にとって必要な時間帯で預かってもらうということができます。また、保育園が遠い場合、そこに預けてから会社へ向かうとなると大変なことも多いですが、ベビーシッターなら自宅で預かってもらうことができます。こういったメリットもあるのです。もちろん十分な数で使いやすい保育園が整備されることが望まれますが、それが満たされていない以上、やはり別の方法で手当てをしていくしかありません。

そのためにベビーシッターは一つの手当ての方法として有効なものであるということができるでしょう。

Filed under: 二宮, 家政婦, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website