ベビーシッターとして働くということ

ベビーシッターと一口に言っても、その仕事内容は実に多岐に及びます。大きく捉えれば、赤ちゃんの相手をすることと言い換えることができますが、ベビーと呼ぶには少し大きな小学生位までを対象とすることもあり、この場合はキッズシッターなどと呼ばれることもあります。ベビーシッターの仕事の内容は、顧客の依頼によって大きく異なるのが特徴です。赤ちゃんの遊び相手になってほしいというものから、日用品の買い物やお風呂やトイレの掃除などが含まれることもあります。

子ども好きである事はこの仕事をする上でとても重要ですが、ただそれだけではできないのも現実です。よそ様の大切な子どもを預かるのですから、大きな責任が発生します。怪我をさせたり体調が悪くなったりすることもないとは言えません。たとえベビーシッターに責任がない病気になったとしても、預ける側としては気になってしまうものです。

そういったことも含めて責任を果たす覚悟が必要です。仕事の形態としても様々です。アルバイトでベビーシッターをする人もいれば、会社員として勤めることもあります。独立開業で経営者になるパターンもあります。

いずれにしても、人間を、しかも大切な子どもを預かるわけですから想像以上に大変なことが多いです。預ける顧客にしても、仕事や病気でやむなく預けている人が多く、子を思う気持ちはとても大きいです。預かっている間は親の代わりとして、十分な愛情を注いであげることが大事ですし、その心構えがトラブルを防ぐことにも繋がります。逗子の一時保育のことならこちら

Filed under: 一時保育, 生活/暮らし, 逗子Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website